HOME > 東京外国語大学

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

東京外国語大学

東京外国語大学の紹介

詳細を見る

※飛び先はリクルート社運営の"リクルート進学ネット"になります。

東京外国語大学

東京外国語大学は、東京都府中市に本部を置く国立大学です。「外国語大学」の名を冠する大学は全国各地にあり、いずれも偏差値が高く、入学することが困難である大学ばかりですが、その中でも最高峰となる外国語大学が東京外国語大学です。

その創立の起源は大変古く、この大学の前身教育機関である『旧制東京外国語学校』は、1897年に創立されています。1949年に現在の名称となり、大学として設置されましたが、その歴史はざっと100年以上となり、非常に由緒ある外国語大学であるのです。

設置されている学部は外国語学部のみですが、非常に多くの外国語を履修することができます。偏差値的なことをいうといずれも高く、最低でも60程度、もっとも高い英語ともなると67程度は必要となっています。

大学の起源は東京大学、私立の名門である一橋大学と同じ起源であるとされていて、大阪大学とは姉妹校です。外国語の修得を志す方であれば誰もが一度は視野に入れる大学であり、外国語に関しては日本においてもっとも造詣が深い大学であるということができるでしょう。

東京外国語大学では、なんと26種類もの外国語を学ぶことができます。この大学には学科という概念がなく、カリキュラムの履修過程も一般的な大学とは異なり独特なものです。

入学した時点ではまず1、2年次に学ぶ言語を、7課程の26言語からひとつ選択します。2年をかけて、その言語についての学習は当然のこと、その言語が利用されている国や地域の文化や風習についての基礎を学ぶことになります。

3年になると1、2年次に学んだ言語に関して、さらに4つのコースから選択して履修することになります。履修することのできるコースは『言語・情報コース』、『総合文化コース』、『地域国際コース』、『特化コース』の4つです。

それぞれ選択した言語や文化に関して、より深く学ぶことができます。ただ、「特化コース」に関しては4年ではなく、5年かけて学ぶコースであり、より専門的な知識を履修可能です。

学部

国際社会学部

国際社会学科,  北西ヨーロッパ,  中央ヨーロッパ,  西南ヨーロッパ第1地域,  西南ヨーロッパ第2地域,  ロシア,  北アメリカ,  ラテンアメリカ,  日本,  東アジア,  中央アジア,  東南アジア第1地域,  東南アジア第2地域,  南アジア,  西アジア・北アフリカ,  アフリカ,  オセアニア, 

言語文化学部

言語文化学科,  英語,  ドイツ語,  ポーランド語,  チェコ語,  フランス語,  イタリア語,  スペイン語,  ポルトガル語,  ロシア語,  モンゴル語,  日本語,  中国語,  朝鮮語,  インドネシア語,  マレーシア語,  フィリピン語,  タイ語,  ラオス語,  ベトナム語,  カンボジア語,  ビルマ語,  ウルドゥー語,  ヒンディー語,  ベンガル語,  アラビア語,  ペルシア語,  トルコ語, 

キャンパス

住所:

最寄り駅:

住所:

最寄り駅:

w

住所:

w

最寄り駅:

w

3

住所:

3

最寄り駅:

3

1

住所:

1

最寄り駅:

1

住所:

最寄り駅:

東京外国語大学の偏差値・学費・評判・キャンパス・学部学科・授業内容を紹介しています。パンフレット・資料請求も可能です。

このページの先頭へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

TOP