HOME > 阪南大学

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

阪南大学

阪南大学の紹介

詳細を見る

※飛び先はリクルート社運営の"リクルート進学ネット"になります。

阪南大学

阪南大学は流通学部、経済学部、経営情報学部、国際コミュニケーション学部、国際観光学部という4つの学部で構成されていて、それぞれに1学科ずつがあります。
国際コミュニケーション学部の国際コミュニケーション学科は英語、中国語など現在国際的にコミュニケーションをとるために必要な言語を習得できるように、語学教育のカリキュラムを充実させています。

英語の履修について希望者が多いのですが、希望者に対して語学の試験を行い、その結果によって習熟度別クラスで授業を行います。
2010年にできたばかりの語学棟には、ネイティブで英語を話す方が常駐していて、いつでも英会話の練習ができます。

語学を話せるだけでなく、その基盤としての国際関係や国際文化、メディア、コミュニケーションについての学習も深め、国際的に通用する人材の育成をしていきます。
阪南大学では西日本ではじめて国際観光学科を新設しましたが、2010年には国際観光学部となりました。

観光を実際に体験しながら学習する「実験観光」に取り組み、学部の教育方針としています。
経済学部の経済学科では、企業訪問などの学習を通して実社会の仕組みを理解し、その中で自分がどのような道を歩むべきかが見えるように、思考力を育てていきます。

1年次から少人数によるゼミを行い、議論の中から思考力を育てていきます。
その力は、そのまま社会に出ても役に立ちます。

経営情報学部経営情報学科では、実践的な学びをするために学生だけで企画立案をする体験をしたり、地域の企業との連携のもとで企業の実態調査と分析をしたりといったことを行います。
2011年度からは流通学部流通学科が新設されました。

ブランド・マーケティングコース、ビジネスマネジメントコース、スポーツマネジメントコースという3つのコースが用意されていて、それぞれ専門的に学習していきます。
阪南大学の合格偏差値は、学部や学科などで違いはありますが、47から49となっています。



阪南大学の資料請求はこちら(リクルート進学ネットに飛びます)

学部

経営情報学部

経営情報学科,  経営・会計コース,  マーケティング・eビジネスコース,  マルチメディア・情報システムコース, 

経済学部

経済学科, 

国際コミュニケーション学部

国際コミュニケーション学科, 

流通学部

流通学科,  ブランド・マーケティングコース,  サービスマネジメントコース,  スポーツマネジメントコース, 

国際観光学部

国際観光学科, 

キャンパス

南キャンパス

住所:

〒580-0033大阪府松原市天美南1−108−1

最寄り駅:

河内天美

本キャンパス

住所:

〒580-8502大阪府松原市天美東5−4−33

最寄り駅:

河内天美

あべのハルカスキャンパス

住所:

〒545-6023大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1−1−43 あべのハルカス23階

最寄り駅:

大阪阿部野橋

阪南大学の偏差値・学費・評判・キャンパス・学部学科・授業内容を紹介しています。パンフレット・資料請求も可能です。

このページの先頭へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

TOP