HOME > 松山東雲女子大学

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

松山東雲女子大学

松山東雲女子大学の紹介

詳細を見る

※飛び先はリクルート社運営の"リクルート進学ネット"になります。

松山東雲女子大学

松山東雲女子大学の歴史は古く、1886年に四国初の女学校である松山女学校を母体とし、短期大学の創立などを経て1992年に松山東雲女子大学が誕生しました。
教会の牧師が創立者であることから、キリスト教精神を基本に専門知識を研究して、高い教養や国際性を身につけ社会に貢献できる自立した女性を育成するという方針を持っています。

この松山東雲女子大学は偏差値が41の人文科学部の1学部で、子どもの心を教育の研究課題とする心理子ども学科が更に子ども専攻と心理福祉専攻に分けられています。
子ども専攻では、子どもの教育や福祉のいろいろな問題に対しての理解能力と対人関係能力を培いながら専門知識を備えた保育者を養成しています。

子どもが成長するための正しい知識と的確な保育の方法を、保育学や教育学そして社会福祉学から学び、キャンパス内の付属幼稚園や子育て支援広場での実習で実践力をつけます。
卒業者を輩出していないため予測になりますが、卒業後の進路は保育所や幼稚園、社会福祉施設などの就職が考えられています。

続いて心理福祉専攻では心理と福祉の専門知識を学び、国際的にも社会に貢献できる人材を養成しています。
またこの専攻は3コースが設けられており、複数の科目を組み合わせて資格を習得することができます。

心理コースでは人の心を科学的に学び、心を取り巻く社会への理解を深めます。
考えられる進路は、心理専門職はもちろん一般企業への就職、また臨床心理士の資格習得のために大学院への進学も可能です。

福祉コースは、社会福祉の専門知識に加えてソーシャルワーカーに必要な人とのつながりや子どもの成長などを学ぶ科目が多様に整っています。
予想進路は、福祉現場のほかに事務や営業など幅広い業種が考えられています。

英語コミュニケーションコースは、国際人として相互関係を築くために不可欠な言葉のコミュニケーション能力を高め、社会で実践的に活躍できる力を身につけます。
このコースでは、児童英語教育者や各企業の通訳担当者などという進路が考えられています。

松山東雲女子大学の資料請求はこちら(リクルート進学ネットに飛びます)

賃貸のお部屋探しは全国122店舗の「ハウスコム」にお任せください。

学部

キャンパス

住所:

最寄り駅:

住所:

最寄り駅:

w

住所:

w

最寄り駅:

w

3

住所:

3

最寄り駅:

3

1

住所:

1

最寄り駅:

1

住所:

最寄り駅:

松山東雲女子大学の偏差値・学費・評判・キャンパス・学部学科・授業内容を紹介しています。パンフレット・資料請求も可能です。

このページの先頭へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

TOP