HOME > 武蔵大学

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

武蔵大学

武蔵大学の紹介

詳細を見る

※飛び先はリクルート社運営の"リクルート進学ネット"になります。

武蔵大学

武蔵大学には経済学部、人文学部、社会学部という三つの学部があります。
経済学部には経済学科、経営学科と金融学科があり、経済学科では経済についての基礎知識を学び、経済の仕組みを理解することによる経済の変化とその動きを経済学的な視点から分析することのできる力を身につけます。

経済学科には国際経済・経営コース、経済学と現代経済コースという二つのコースがあります。
経営学科では現実に即した経営に関する幅広い能力を身につけることによって、いろいろな経営課題を解決させることができビジネス現場で実践力を発揮することのできる人材を育成します。

経営学科はさらにビジネスコース、ビジネスデザインコース、企業会計コースという三つのコースに分かれています。
金融学科では金融、経済の基礎を学び、多様化するとともに国際化が進む金融業界において実践的な金融の理論、金融制度の知識を身につけます。

金融学科には金融コース、証券アナリストコースという二つのコースがあります。
また、武蔵大学人文学部には英語英米文化学科、ヨーロッパ文化学科と日本・東アジア文化学科があります。

英語英米文化学科ではTOEFL、TOEICの試験を目指した学習を行い、海外留学などを通して異文化間、民族間のコミュニケーションも行うことのできる人材を育成します。
ヨーロッパ文化学科ではドイツやフランスをはじめとしたヨーロッパの文化と歴史を学び、語学や文学、歴史、芸術と生活文化などについては現地実習や留学を通して学びます。

日本・東アジア文化学科は日本の語学、文学、思想、芸術、環境、歴史や民族、宗教などについて広く深く学び、高度な専門知識を深めることができるほか韓国、中国やイスラム文化も学ぶことができます。
そして武蔵大学社会学部には社会学科とメディア社会学科があり、社会学科では社会学の理論、分析法などを学び社会学の基礎から体系的な実践までを学びます。

メディア社会学科ではメディアを理解し、メディアを活用することによる情報発信力などを身につけます。
武蔵大学の偏差値は学科によって54から60となっています。

学部

経済学部

金融学科,  経営学科,  経済学科, 

社会学部

メディア社会学科,  社会学科, 

人文学部

英語英米文化学科,  ヨーロッパ文化学科,  日本・東アジア文化学科, 

キャンパス

住所:

最寄り駅:

住所:

最寄り駅:

w

住所:

w

最寄り駅:

w

3

住所:

3

最寄り駅:

3

1

住所:

1

最寄り駅:

1

住所:

最寄り駅:

武蔵大学の偏差値・学費・評判・キャンパス・学部学科・授業内容を紹介しています。パンフレット・資料請求も可能です。

このページの先頭へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

TOP