HOME > 武蔵野美術大学

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

武蔵野美術大学

武蔵野美術大学の紹介

詳細を見る

※飛び先はリクルート社運営の"リクルート進学ネット"になります。

武蔵野美術大学

武蔵野美術大学の前身である帝国美術学校は1929年に開設され、2009年に創立80周年を迎えました。
武蔵野美術大学には造形学部に11の学科が設置されています。

日本画学科では日本画の専門技法の基礎を習得し、個性が発揮された創造力の育成が目的とされています。
油絵学科には絵画を重層的に捉えてあらゆる可能性を追求し、個々の学生が表現者となり得るように指導する油絵専攻、版を介して自己や社会を観察する視線を育み、個性豊かな表現につなげる版画専攻があります。

彫刻学科では個人の内面にある世界を現実に具現化するという彫刻について、人間が根源的に持っている触覚という感覚をベースにしながら独自の領域を作り出すことができるように指導しています。
視覚伝達デザイン学科では、情報の意味を再構築することのできる知性を備え、同時に人々の感性に共鳴する新しい時代のビジュアル・コミュニケーションデザインを担う人材の育成を目指しています。

工芸工業デザイン学科はクラフト、インテリア、インダストリアルという3コースで編成されていて「モノ」と人、生活空間と人との良好な関係を築く暮らしを考えていきます。
空間演出デザイン学科はセノグラフイ、空間計画・空間構成、ファッションという3コースで構成されていて、人間の身体や精神と空間を融合させる表現能力を身につけます。

建築学科ではデザイン行為を通じ、創造性を社会化する上で欠かすことのできない思考力、技術を在学中に養います。
基礎デザイン学科では常時デザインの新たな課題を発見し、社会的な活動を通して表現することのできる新しい職業人の育成を目指しています。

映像学科では映像文化が言語や宗教などを超越するものであるとして、映像教育をベースにして専門分野の創造者を育成しています。
芸術文化学科では創造活動をあらゆる角度から研究して実践、表現するためのコミュニケーション能力を学び、デザイン情報学科では既存のアートやデザインの枠組みを超えて活躍する新しいタイプの創造的人材を育成します。

武蔵野美術大学の偏差値は54です。

学部

造形学部

デザイン情報学科,  基礎デザイン学科,  空間演出デザイン学科,  芸術文化学科,  建築学科,  工芸工業デザイン学科,  視覚伝達デザイン学科,  彫刻学科,  日本画学科,  油絵学科,  油絵専攻,  版画専攻, 

造形構想学部

クリエイティブイノベーション学科,  映像学科, 

キャンパス

鷹の台キャンパス

住所:

〒187-8505東京都小平市小川町1−736

最寄り駅:

鷹の台

市ヶ谷キャンパス(仮称)

住所:

〒162-0843東京都新宿区市谷田町1丁目4番地

最寄り駅:

市ケ谷

武蔵野美術大学の偏差値・学費・評判・キャンパス・学部学科・授業内容を紹介しています。パンフレット・資料請求も可能です。

このページの先頭へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

TOP