HOME > 名古屋女子大学

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

名古屋女子大学

名古屋女子大学の紹介

詳細を見る

※飛び先はリクルート社運営の"リクルート進学ネット"になります。

名古屋女子大学

名古屋女子大学は1915年に、日本ではじめて女性の衆議院議員となった越原春子さんによって『名古屋女学校』として創立されました。
1964年になって、これからの社会の発展に貢献することのできる女性を育成する『越原学園』の4年生大学として設立されました。



それ以来、現在にいたるまで1世紀近くにわたり、学園訓である『親切』の精神が大切に受け継がれています。
名古屋女子大学には家政学部、文学部が設置されています。



家政学部には食物栄養学科、生活環境学科、生活福祉学科、家政経済学科という4つの学科が設けられています。
ただし生活福祉学科については、現在募集が停止されています。



食物栄養学科では、難関である管理栄養士の国家試験において、全国でもトップレベルの合格者を輩出しています。
食の立場から健康の増進や病気の予防に寄与し、科学的な根拠をもとに実践することのできる専門知識や技術を持つ管理栄養士を育成しています。



生活環境学科では『循環型社会』において『エコ』を考えた生活について探求し、衣食住について『創造』する専門知識や技術を身につけます。
家政経済学科では、家政学の知識と技術を持つ家庭人として、経済活動を通じて生活者、消費者という立場から社会貢献することのできる人材を育成します。



文学部には国際英語学科、児童教育学科があり、児童教育学科には児童教育学専攻、幼児保育学専攻というふたつの専攻も設けられています。
国際英語学科では母語をベースにする思考力、異文化理解力にもとづく国際的な視点を身につけ、世界に通用する英語のコミュニケーション能力を持つ専門職能人を育成します。



児童教育学科の児童教育学専攻では小学校教員採用試験の合格者率が95.4%となっていて、全国でもトップレベルです。
児童教育学科の幼児保育学専攻でも幼稚園教諭・保育士の公務員採用試験の合格者数が全国トップレベルとなっています。



名古屋女子大学の偏差値は家政学部が55、文学部が52ほどとなっています。


学部

家政学部

生活環境学科, 

文学部

児童教育学科,  児童教育学専攻,  幼児保育学専攻, 

健康科学部

健康栄養学科,  看護学科, 

キャンパス

住所:

最寄り駅:

住所:

最寄り駅:

w

住所:

w

最寄り駅:

w

3

住所:

3

最寄り駅:

3

1

住所:

1

最寄り駅:

1

住所:

最寄り駅:

名古屋女子大学の偏差値・学費・評判・キャンパス・学部学科・授業内容を紹介しています。パンフレット・資料請求も可能です。

このページの先頭へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

TOP