HOME > 産業技術短期大学

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

産業技術短期大学

産業技術短期大学の紹介

詳細を見る

※飛び先はリクルート社運営の"リクルート進学ネット"になります。

産業技術短期大学

産業技術短期大学は、1962年に日本鉄鋼連盟によって鉄鋼業の技術者を育成するために関西鉄鋼短期大学として開学されました。
その後、鉄鋼短期大学の名称を経て1984年に、現在の大学の名称に変更になりました。

建学の精神としては「鉄鋼業並びにその関連産業はもとより、広くその他の産業界等の将来を担いうる学力と識見を備えた技術者を育成する」というものが掲げられていて、明日の産業を担う優れた人材を社会に輩出しています。
産業技術短期大学には機械エンジニアを目指す機械工学科、電気・電子のスペシャリストを目指す電気電子工学科、情報処理技術者を目指す情報虜師工学科、エンジニアを目指すものづくり創造工学科という4つの学科が設置されています。

機械工学科には産業技術コースと設計開発コース、電気電子工学科には電気エネルギー技術者コースとITディジタル技術者コース、情報処理工学科にはプログラミング教育コースとメディア教育コース、ものづくり創造工学科にはものづくりコースとデザインコースがあります。
また、2年間の単位を履修した後で、大学の4年制大学の3・4年次にあたる専攻科でさらに高度な技術と知識を学び、学士号を取得して大学院に進学することも可能です。

産業界の設立ということもあって就職には大変有利で、2年間の学生生活のなかで多数の資格を取得することも可能なことも就職率の良さのひとつの理由です。
産業技術短期大学の入試としては推薦入試、AO入試、一般入試、特待生入試、社会人入試が実施されています。

推薦入試には公募推薦、特別推薦、工業化・総合学科特別推薦、商業科・情報学科特別推薦があります。
一般入試と特待生入試には?期から?期と大学入試センター試験利用入試があります。

合格の目安となる偏差値は、36ほどとなっています。
産業技術短期大学への交通アクセスは、阪急電鉄神戸線の武庫之荘駅から尼崎市バスで約15分、下車して300メートル、JRと阪急の伊丹駅からもバスで約15分で下車して400メートル歩きます。



産業技術短期大学の資料請求はこちら(リクルート進学ネットに飛びます)

学部

ものづくり創造工学科

機械工学科

情報処理工学科

電気電子工学科

キャンパス

住所:

最寄り駅:

住所:

最寄り駅:

w

住所:

w

最寄り駅:

w

3

住所:

3

最寄り駅:

3

1

住所:

1

最寄り駅:

1

住所:

最寄り駅:

産業技術短期大学の偏差値・学費・評判・キャンパス・学部学科・授業内容を紹介しています。パンフレット・資料請求も可能です。

このページの先頭へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

TOP