HOME > アポロ歯科衛生士専門学校

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

アポロ歯科衛生士専門学校

アポロ歯科衛生士専門学校の紹介

詳細を見る

※飛び先はリクルート社運営の"リクルート進学ネット"になります。

アポロ歯科衛生士専門学校

アポロ歯科衛生士専門学校は東京都中野にあり、学校法人アポロ学園によって運営されています。
1963年に創立され、現場で活躍することのできるプロの人材を育てるべく、多くの実習先が用意されています。

3年生になると、ほとんどの時間は校外の実習先において過ごすこととなります。
大学病院から矯正などの専門診療を手がけている歯科医院、全般を扱う一般歯科医院までのすべてを経験します。

具体的には1年次で基礎学習、2年次で校内実習、3年次で臨床実習というステップを経ていきます。
アポロ歯科衛生士専門学校のカリキュラムでは基礎分野として人間と社会生活の理解、科学的思考の基礎について学び、専門基礎分野で人体の構造と機能、歯・口腔の構造と機能、疾病の成り立ちと回復過程の促進、歯・口腔の健康と予防に関わる人間と社会の仕組みについて学びます。

さらに専門分野で歯科臨床概論と臨床科目、口腔保健学を学び臨床・臨地実習をこなします。
アポロ歯科衛生士専門学校では歯科衛生士の国家試験に向けて、3年次の1月から2月にかけてすべての試験科目についての補講が行われます。

専門の学外講師によって試験に即したかたちでの傾向と対策が指導されます。
順調にカリキュラムをこなしている方であれば問題なく合格することができ、国家試験の合格率は100%で推移しています。

就職に関しては、歯科衛生士という職業が絶対的に不足しているという状況は現状において解消されていないため、1人の卒業生に対して寄せられる求人の倍率は10倍を超える数字になっています。
就職先としては一般歯科診療所と歯科医院が大部分であり、大学付属病院や企業の歯科室、歯科衛生士学校、官公庁といったところが続いています。

アポロ歯科衛生士専門学校の学費については入学金が300,000円、授業料が年間で550,000円、実習費が年間で170,000円、施設設備費が年間で40,000円ごととなっています。
そのほか教科書や白衣、私用器具代、研修旅行費などとして入学年度の4月末までに350,000円を支払い、卒業前に清算されます。

アポロ歯科衛生士専門学校の資料請求はこちら(リクルート進学ネットに飛びます)

学校向けの検索機能が付いている「ハウスコム」

学部

キャンパス

住所:

最寄り駅:

住所:

最寄り駅:

w

住所:

w

最寄り駅:

w

3

住所:

3

最寄り駅:

3

1

住所:

1

最寄り駅:

1

住所:

最寄り駅:

アポロ歯科衛生士専門学校の偏差値・学費・評判・キャンパス・学部学科・授業内容を紹介しています。パンフレット・資料請求も可能です。

このページの先頭へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

TOP