HOME > 新横浜歯科技工士専門学校

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

新横浜歯科技工士専門学校

新横浜歯科技工士専門学校の紹介

詳細を見る

※飛び先はリクルート社運営の"リクルート進学ネット"になります。

新横浜歯科技工士専門学校

新横浜歯科技工士専門学校は、神奈川県横浜市港北区にある、歯科技工士を育成する専門学校です。
学校法人共生学園が運営している、確かな知識と高度な専門技術をもって、あすの技術者を育成しています。

1977(昭和52)年、医療法人財団・共生会歯科技工士学校として創立され、2010(平成22)年、現在の校名となりました。

新横浜歯科技工士専門学校の所在地はJR横浜線・東海道新幹線の新横浜駅から徒歩3分、横浜市営地下鉄の新横浜駅から徒歩2分と交通至便、通学に不自由はありません。

人間の本能である「おいしく食事を食べる喜び」を支えるべく、歯科医師の指示に従って義歯、差し歯、金冠、矯正装置の製作・修理を行い、失われた歯を復元する技術は、歯科医療にとって大変重要なファクターを占めています。
それらに関する確かな知識、硬度最先端技術を身につけた歯科技工士の育成に注力し、2年次終了時の国家資格取得を目指します。

2年制のカリキュラムには、外国語、造形美術概論、歯科技工士関係法規、歯科技工学概論、歯の解剖学から、有床義歯、歯冠修復、矯正歯科、小児歯科などの技工学。
顎口腔機能学・歯科理工学、歯科技工実習などの国家資格取得に必要な、歯科技工士養成所指定規則にのっとった必修科目2,200時間を超える充実したカリキュラムを編成しており、即戦力として活躍するための基本技術・特殊技術を身につけられるのが大きな特色となっています。
また、他校に先駆け、インプラント技工、チタン床義歯などの最先端の高度技術も習得できるカリキュラムが組まれています。

新横浜歯科技工士専門学校を卒業後は、歯科医院・歯科診療所はもちろんのこと、病院、歯科技工所、歯科器メーカー、歯科材料関連企業などで、歯科技工士としてのキャリアをスタートさせられます。

新横浜歯科技工士専門学校で学ぶために必要な学費としては、入学金500,000円、授業料が1年次前期・後期、2年次前期・後期で1期525,000×4期で2,1000,000円。
実習費が1期125,000円で4期計500,000円となっています。

新横浜歯科技工士専門学校の資料請求はこちら(リクルート進学ネットに飛びます)

学校向けの検索機能が付いている「ハウスコム」

学部

キャンパス

住所:

最寄り駅:

住所:

最寄り駅:

w

住所:

w

最寄り駅:

w

3

住所:

3

最寄り駅:

3

1

住所:

1

最寄り駅:

1

住所:

最寄り駅:

新横浜歯科技工士専門学校の偏差値・学費・評判・キャンパス・学部学科・授業内容を紹介しています。パンフレット・資料請求も可能です。

このページの先頭へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

TOP