HOME > 新東京歯科衛生士学校

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

新東京歯科衛生士学校

新東京歯科衛生士学校の紹介

詳細を見る

※飛び先はリクルート社運営の"リクルート進学ネット"になります。

新東京歯科衛生士学校

新東京歯科衛生士学校は学校法人歯研会学園によって運営されていて、厚生労働大臣による指定を受けています。
1983年に開校されて以来、歯科医療の専門職に特化しての養成が続けられてきています。

専門職としてのプライド、高度歯科医療の知識と技術、医療人としての人間性を持っている人材となることを目指しキャリア開発プログラム、仕事力養成プログラム、国試合格プログラムが用意されています。
新東京歯科衛生士学校には歯科衛生士科I部、歯科衛生士科II部が設置されています。

歯科衛生士科I部は3年制の昼間部であり、歯科衛生士科II部は3年制の夜間部です。
いずれも歯科衛生士の資格を取得して歯科診療所や大学病院、高齢者保健施設、総合病院などへの就職を目指します。

実際に歯科医院、大学病院、高齢者保健施設、障がい者施設、保健センター、小学校、幼稚園という7つの施設における実習や見学が行われ、また自立学習と体験学習とによって現場力を身につけていきます。
夜間部は日本においてはじめて開校されたものであり、働きながら学ぶということが可能になっています。

昼間の仕事についてもおよそ700件になる歯科医院が登録されていて、キャリアセンターが個々の学生に合った医院を紹介してくれます。
臨床実習も、夜間診療が行われている歯科医院で受けることができます。

新東京歯科衛生士学校の卒業生は100%という就職率が実現されていて、求人倍率はなんと20倍を超えています。
例外なく、歯科医療系の職場に就職することができています。

新東京歯科衛生士学校で学ぶための学費についてはI部、II部とも共通で入学金が100,000円となっています。
授業料はI部が600,000円でII部が500,000円となっていて、実習費はI部が200,000円でII部が150,000円となっています。

そのほかの諸費用は1年次にI部で390,000円、II部で370,000円が必要となり2年次はI部もII部も110,000円、3年次はI部もII部も145,000円となっています。

新東京歯科衛生士学校の資料請求はこちら(リクルート進学ネットに飛びます)

学校向けの検索機能が付いている「ハウスコム」

学部

歯科衛生士科I部(昼間部)

歯科衛生士科II部(夜間部)

キャンパス

住所:

最寄り駅:

住所:

最寄り駅:

w

住所:

w

最寄り駅:

w

3

住所:

3

最寄り駅:

3

1

住所:

1

最寄り駅:

1

住所:

最寄り駅:

新東京歯科衛生士学校の偏差値・学費・評判・キャンパス・学部学科・授業内容を紹介しています。パンフレット・資料請求も可能です。

塾・予備校の直前・冬E崕特集!

このページの先頭へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

TOP