HOME > 中部楽器技術専門学校

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

中部楽器技術専門学校

中部楽器技術専門学校の紹介

詳細を見る

※飛び先はリクルート社運営の"リクルート進学ネット"になります。

中部楽器技術専門学校

中部楽器技術専門学校は、愛知県名古屋市にある楽器技術の専門学校です。
ピアノ調律師や管楽器リペアマン、ギタークラフトマンやバイオリン技術者、楽器アドバイザーなどを目指すことができます。

昭和55年にピアノ調律師養成校として開校し、平成元年に現在の校名に変更した楽器技術者養成校です。
クラス担任制と段階的カリキュラムを導入していて、学生1人1人の技術習得状況を講師が把握した上で、指導を行なっています。
実習施設が充実しているのが特徴で、ピアノ調律科においては完全防音の個別実習室が学生1人に1室用意されています。
そのほか楽器演奏室やリペア実習室といった目的に応じた実習施設が数多く設置されています。
合宿研究施設として利用されている湯の山研修センターには、コンサートのできる設備もあるなど、音楽や楽器が好きな学生にとって魅力的な施設となっています。

中部楽器技術専門学校には、2年制のピアノ調律科、管楽器リペア科、弦楽器製作科と、3年制の楽器総合学科があります。
また弦楽器製作科は、ギタークラフトコースとバイオリン修理&製作コースに分かれています。

中部楽器技術専門学校を卒業したあとの就職先については、学科によって職種は異なりますが、いずれも音楽や楽器に深く携わる職場への就職を果たしています。
たとえば、楽器店でのピアノ調律師や技術者や、ギターや管楽器の修復者といった技術職や、楽器販売小売の営業職などが挙げられます。
勤務先は愛知県内に限らず全国におよび、就職率は94.8パーセントとなっています。

中部楽器技術専門学校で学ぶために必要となる学費については、入学金が各学科ともに300,000円となっています。
年間の授業料は各学科ともに660,000円、設備費が学科によって200,000円から300,000円となっています。
また、教材費が学科によって210,000円から270,000円、そのほかの経費が学科によって159,751円から299,360円別途必要となります。

中部楽器技術専門学校の資料請求はこちら(リクナビ進学に飛びます)

学校向けの検索機能が付いている「ハウスコム」

学部

ピアノ調律科

音楽サービス創造学科

管楽器リペア科

弦楽器製作科

ギタークラフトコース, 

キャンパス

住所:

最寄り駅:

住所:

最寄り駅:

w

住所:

w

最寄り駅:

w

3

住所:

3

最寄り駅:

3

1

住所:

1

最寄り駅:

1

住所:

最寄り駅:

中部楽器技術専門学校の偏差値・学費・評判・キャンパス・学部学科・授業内容を紹介しています。パンフレット・資料請求も可能です。

このページの先頭へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

TOP