HOME > 東京バイオテクノロジー専門学校

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

東京バイオテクノロジー専門学校

東京バイオテクノロジー専門学校の紹介

詳細を見る

※飛び先はリクルート社運営の"リクルート進学ネット"になります。

東京バイオテクノロジー専門学校

東京バイオテクノロジー専門学校は、東京都大田区にある実験の携わる人材を育成する専門学校です。
運営母体は学校法人東京生命科学学園で、1989年に即戦力となるための実学教育と人の大切さの精神を育む人間教育、21世紀のビジネスに対応できる国際教育を建学の精神として設立されました。

東京バイオテクノロジー専門学校の最大の特徴は全授業の60%が実習で、たくさんの実験を経験することで知識や技術を五感で身につけることができることです。
そのために業界にヒアリングをしたカリキュラムに基づき、最先端の施設と設備が整った実験室で学びます。
さらに力をつけるために企業に一年間入り仕事として研究をするインターンシップや卒業研究を経験することができます。
また、国際的な感性を身につけるための海外研修も実施されます。

東京バイオテクノロジー専門学校では9つのコースが設置されていますが、一年次に実験の基礎を学んだあとで自分に合った専門コースを選択します。
四年制のコースとしてDNAのコア技術を学ぶDNA、最先端医療の世界を目指す動物バイオ、細胞工学の研究者を目指す植物バイオの3つのコースがあります。
三年制のコースとして醸造発酵技術社を目指す醸造発酵、食文化に貢献できる食品開発、新しい化粧品を 開発する化粧品開発、未来の地球環境に貢献する環境科学、海洋資源の有効活用を研究する海洋科学、分析化学のスペシャリストを目指す分析化学の6つのコースが設置されています。

東京バイオテクノロジーで学んだ学生は仕事の有利な資格を取得し、就職内定率は100%で、そのうちの98%が研究、実験技術、開発、分析、加工、品質管理など実験の仕事に就いています。
在学中にインターンシップを行なった企業や研究所に就職する学生が多いことから、信頼性の高さがうかがわれます。

東京バイオテクノロジー専門学校で学ぶために必要な費用は、入学金50,000円、授業料570,000円、施設設備費360,000円、諸費用218,000円、総合演習費176,000円で初年度の総額は1,374,000円です。

東京バイオテクノロジー専門学校の資料請求はこちら(リクルート進学ネットに飛びます)

学校向けの検索機能が付いている「ハウスコム」

学部

バイオテクノロジー科(3年制)

醸造発酵コース,  食品開発コース,  化粧品開発コース,  化学分析コース, 

バイオテクノロジー科(4年制)

DNAコース,  動物バイオコース,  植物バイオコース,  再生医療コース, 

キャンパス

住所:

最寄り駅:

住所:

最寄り駅:

w

住所:

w

最寄り駅:

w

3

住所:

3

最寄り駅:

3

1

住所:

1

最寄り駅:

1

住所:

最寄り駅:

東京バイオテクノロジー専門学校の偏差値・学費・評判・キャンパス・学部学科・授業内容を紹介しています。パンフレット・資料請求も可能です。

このページの先頭へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

TOP