HOME > 城西放射線技術専門学校

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

城西放射線技術専門学校

城西放射線技術専門学校の紹介

詳細を見る

※飛び先はリクルート社運営の"リクルート進学ネット"になります。

城西放射線技術専門学校

城西放射線技術専門学校は、夜間の4年制によって放射線技術について学ぶことのできる専門学校です。
診療放射線技師の資格取得を目指し、昼間は病院などといった医療現場で働きながら夜間の時間を使って学ぶことが可能です。

1960年に設立された城西レントゲン技術専門学校としてスタートしていて、1971年に現在の名称へと改称されました。
城西放射線技術専門学校には、診療放射線学科が設置されています。

カリキュラムについてはまず基礎分野において、医療従事者として基本となる科学的な思考力や豊かな人間性を身につけます。
専門基礎分野では医療にたずさわり、放射線を扱うために必要な基礎知識を学びます。

そして専門分野では診療放射線技師が担っている実務の領域について学んでいきます。
CT、MRI、超音波診断装置、ガンマカメラなどといった画像診断機器のほか、リニアックなどといった治療装置についても知識を深めるとともに、実際の画像検査技術や治療技術までを自分のものにします。

4年間の授業のうちおよそ3分の1は実験や実習となっていて、3年次と4年次には1ヶ月ほどを費やし、大学病院などで現場を知る臨床実習も行われています。
城西放射線技術専門学校に寄せられている医療機関などからの求人は、学生の数に対して10倍ほどにもなっていて、就職のニーズも高いものとなっています。

乳がんの放射線治療が行われるケースも増えている昨今、女性技師のニーズも高まっています。
城西放射線技術専門学校で学ぶために支払う学費としては、まず入学金として350,000円を支払う必要があります。

毎年かかる費用は授業料が年間で510,000円、設備維持費が年間で200,000円、実習費が年間で100,000円となっています。
そのほか校外研修費が20,000円、雑費は年間で20,000円です。

雑費は体育大会や学生保険、風疹等抗体検査、写真代等に使用されるものとなっていて、ほかに教科書や白衣、病院実習にかかる交通費などの費用が実費による負担となります。

城西放射線技術専門学校の資料請求はこちら(リクルート進学ネットに飛びます)

学校向けの検索機能が付いている「ハウスコム」

学部

キャンパス

住所:

最寄り駅:

住所:

最寄り駅:

w

住所:

w

最寄り駅:

w

3

住所:

3

最寄り駅:

3

1

住所:

1

最寄り駅:

1

住所:

最寄り駅:

城西放射線技術専門学校の偏差値・学費・評判・キャンパス・学部学科・授業内容を紹介しています。パンフレット・資料請求も可能です。

塾・予備校の直前・冬E崕特集!

このページの先頭へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

TOP