HOME > 専修学校 日本農業実践学園

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

専修学校 日本農業実践学園

専修学校 日本農業実践学園の紹介

詳細を見る

※飛び先はリクルート社運営の"リクルート進学ネット"になります。

専修学校 日本農業実践学園

専修学校日本農業実践学園は、古く1925年に社団法人日本国民高等学校協会が設立しました。
農村中堅人物の養成を目的として『日本国民高等学校』の名で開校されたものです。

1950年に新制高等学校が設置されたことにともない『日本高等国民学校』と改められ、1980年に『日本農業実践大学校』となりました。
1991年に現在の名称となり、文部省から大学受験資格の認可を受けています。

専修学校日本農業実践学園の専攻コースとしては水田部、野菜第一部、野菜第二部、水耕部、有機野菜部、果樹・製茶部、畜産部、農産加工部、養豚部があります。
水田部では専修学校日本農業実践学園の保有する水田圃場で栽培実習を通じて米作りについて学び、直売所やさまざまなイベント、宅配によるお米の販売も実施しています。

野菜第一部では60種類の作物を苗作りから栽培、出荷までするほか土づくり、圃場管理なども学びます。
野菜第二部においては野菜の販売までを考え、さまざまな場所での販売もおこなっています。

水耕部ではアクリルハウスを用い、水耕での清浄野菜の栽培について学びます。
有機野菜部では所有している有機農産物認証圃場で、多くの品目の野菜を少量ずつ栽培しています。

果樹・製茶部では、安全にこだわったお茶や果樹を栽培しています。
畜産部と養豚部では、酪農と養豚をおこなっています。

農産加工部では農産物の付加価値作業ということで、専修学校日本農業実践学園の農場で生産された生産物についてパンや菓子類、ジャム類、豆腐、みそ、漬物類、燻製とするための加工実習が行われます。
卒業後には実際に就農することができるよう、実践の場として『就農準備校』も実施されています。

全寮制によって共同生活を行いながらの学びということで、専修学校日本農業実践学園の学費としては教育経費として年額で264,000円、生活経費として年額で529,200円が必要となります。
そのほか初年度には施設整備費として、100,000円が必要です。

専修学校日本農業実践学園の資料請求はこちら(リクルート進学ネットに飛びます)

学校向けの検索機能が付いている「ハウスコム」

学部

キャンパス

住所:

最寄り駅:

住所:

最寄り駅:

w

住所:

w

最寄り駅:

w

3

住所:

3

最寄り駅:

3

1

住所:

1

最寄り駅:

1

住所:

最寄り駅:

専修学校 日本農業実践学園の偏差値・学費・評判・キャンパス・学部学科・授業内容を紹介しています。パンフレット・資料請求も可能です。

このページの先頭へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

TOP