HOME > 昭和大学医学部附属看護専門学校

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

昭和大学医学部附属看護専門学校

昭和大学医学部附属看護専門学校の紹介

詳細を見る

※飛び先はリクルート社運営の"リクルート進学ネット"になります。

昭和大学医学部附属看護専門学校

昭和大学医学部附属看護専門学校は、1928年に昭和医学専門学校の設立が認可されたところからその歴史が始まっています。
1978年に現在の名称に改称されました。

看護者を養成するための教育施設が充実していて、実習室においては基礎的な看護技術を学び、講義によって身につけた看護学に関する知識の実践を目指します。
また、実習は昭和大学病院、昭和大学病院附属東病院、昭和大学藤が丘病院、昭和大学藤が丘リハビリテーション病院、昭和大学横浜市北部病院といった病院施設で実施されています。

昭和大学医学部附属看護専門学校のカリキュラムについては1年次に基礎分野として社会学、教育学、心理学、認識論、倫理学、人間関係論、生活科学、健康科学、統計学、情報科学、国際関係論、英語、音楽を学びます。
専門基礎分野では形態機能学、薬理学、微生物学、医療概論、生化学、病理学、臨床医学を学び、専門分野では看護学概論、看護倫理、共通基本技術、日常生活援助、診療に伴う看護、臨床看護総論、フィジカル・アセスメント、成人看護対象・目的論、老年看護対象・目的論、小児看護対象論、母性看護対象・目的論を学びます。

2年次になると基礎分野では家族関係論やコミュニケーション論、専門基礎分野では栄養学、公衆衛生学、社会福祉、関係法規、健康教育論、リハビリテーション論、緩和医療、専門分野では看護過程の展開、治療処理における援助、成人看護援助論、老年看護援助論、小児看護目的論、小児看護援助論、母性看護援助論、精神看護対象論、精神看護目的論、精神看護援助論、在宅看護概論、在宅看護援助論を学ぶとともに、統合分野として看護の統合と実践についても学びます。
3年次は統合分野のみの学習となり、統合学習が行われます。

昭和大学医学部附属看護専門学校からの国家試験合格率は毎年全国水準を上回る高い水準となっていて、就職先については昭和大学が8つの附属病院を持っていることから、8割以上の卒業生が就職を果たしています。
全体としても、就職率は安定して高くなっています。

昭和大学医学部附属看護専門学校の学費については入学金のほか授業料、実習費が必要となります。

昭和大学医学部附属看護専門学校の資料請求はこちら(リクルート進学ネットに飛びます)

学校向けの検索機能が付いている「ハウスコム」

学部

キャンパス

住所:

最寄り駅:

住所:

最寄り駅:

w

住所:

w

最寄り駅:

w

3

住所:

3

最寄り駅:

3

1

住所:

1

最寄り駅:

1

住所:

最寄り駅:

昭和大学医学部附属看護専門学校の偏差値・学費・評判・キャンパス・学部学科・授業内容を紹介しています。パンフレット・資料請求も可能です。

このページの先頭へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

TOP