HOME > 横浜労災看護専門学校

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

横浜労災看護専門学校

横浜労災看護専門学校の紹介

詳細を見る

※飛び先はリクルート社運営の"リクルート進学ネット"になります。

横浜労災看護専門学校

横浜労災看護専門学校は、神奈川県横浜市にある看護専門学校です。
独立行政法人労働者健康福祉機構によって運営されていて、全国の労災病院で働く看護師の育成を目的としています。

学生は、入学時に選択した全国各地の労災病院の奨学生となるので、修学期間中に月額20,000円以上の奨学金が貸与されます。
そのため、勤労者のための医療を推進している労災病院の仕組みを深く理解するとともに、役割遂行するために必要となる基礎的能力を養っていけるような授業を行なっています。
それぞれの授業を、現在第一線の医療に携わっている横浜労災病院の先生方が担当しています。
そのほか経験豊富な専任教員が個々の学生の特性を詳しく把握し、個別指導にあたっています。
実習は、主に同じ敷地内にある横浜労災病院で行うことになっており、わずか数分で施設に足を運ぶことができます。

横浜労災看護専門学校の看護学科では、3年をかけて看護を学ぶ上での基礎的な知識から、最先端の高度な医療技術に至るまでを徹底して学ぶことができます。
卒業後も生涯学び続けることを想定されたカリキュラムの中で、看護職に求められる基本的な知識や技術から多岐に渡る専門分野の領域に至るまでを、段階的に習得していきます。
また、習得した知識を技術を応用、実践する場所として、横浜労災病院での現場実習を行う機会も、数多くカリキュラムに含まれています。

横浜労災看護専門学校で卒業した後は看護師国家試験を受験に合格することで、原則として学生が希望をする労災病院へと就職をすることができます。
労災病院では、予防医学からリハビリテーションまでの一貫した医療活動を行っているので、3年間で学んだ成果を存分に発揮することができます。

横浜労災看護専門学校で学ぶために必要となる学費は、入学金が120,000円となっています。
年間の授業料として240,000円、教科書料としておよそ80,000円から120,000円が必要となっています。

横浜労災看護専門学校の資料請求はこちら(リクルート進学ネットに飛びます)

学校向けの検索機能が付いている「ハウスコム」

学部

キャンパス

住所:

最寄り駅:

住所:

最寄り駅:

w

住所:

w

最寄り駅:

w

3

住所:

3

最寄り駅:

3

1

住所:

1

最寄り駅:

1

住所:

最寄り駅:

横浜労災看護専門学校の偏差値・学費・評判・キャンパス・学部学科・授業内容を紹介しています。パンフレット・資料請求も可能です。

塾・予備校の直前・冬E崕特集!

このページの先頭へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

予備校特集 気になる予備校を調べよう!

TOP